CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    | comments(4) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    本願寺(Hongwanji)

    映画の話題からちょっと脱線・・・ 

    今日の東京は最高気温20度、と」天気予報のお姉さん。
    寒くなった。
    「またも、 いつの間にか秋も深まってしまった 」
    ”またも” というのは、へんな言いまわしに聞こえるかもしれないが、
    やはり、”またも” だ。
    北海道、東北、北陸、東海、近畿、中国、四国・・・
    いつも、この季節は全国をめぐっていて、
    バタバタとしているうちに時間が過ぎてしまうから。
    冗談めかして、「 秋の巡業 」 と名づけているが、
    小さな発見が楽しい季節でもある。

    先日、京都に行ったとき早朝の大寺院をめぐってみることにした。
    歩いて2時間コース、駅前のホテルに宿したので、
    たずねたのは、真宗のお東さんこと東本願寺と、お西さん西本願寺。
    両寺とも建物こそ巨大だが、御影堂と阿弥陀堂がメイン、
    安置してあるのも親鸞聖人の御影像が中心で
    いわゆる仏像見学の寺ではなく、
    信仰が中心の寺というイメージが強かったからという理由もある。



    まずは、お東さん
    門に近づくと、通りすがりのひと何人かが門前で足をとめ、
    一礼をして合掌をしていく
    門徒だろうか、
    早朝なので人通りがまばらだったので数は少なかったが、
    日常のなかで、仏教とはつながりがなかった自分には感動的でもあった。
    門をくぐると、巨大な御影堂が飛び込んでくる。
    親鸞聖人が亡くなって750年を迎えるにあたり10年がかりの大改修、
    西方にあるという極楽浄土を背にしているので正面は東を向いている。
    その正面の東から、のぼり始めた朝日を浴びて、
    新しくなった大屋根が輝いているのもいい。
    数珠をとり、合掌、南無阿弥陀仏。
    この時間は観光客などひとりもいない。
    なにかの集まりだろうか、門徒の方が少しずつあつまってくる。
    その流れにのって、御影堂から左の渡り廊下を通って阿弥陀堂へ
    巨大な広間に居るのは、ほとんどご年配の方、
    正座がしんどいのでしょう、
    小さな折りたたみの椅子を用意して広間の後方に陣取っている。
    自分は、あつかましくも一番前に正座し、
    修復工事の間、御影堂から移設してある親鸞聖人の御影像をじっくりみる。
    同じく阿弥陀如来像、聖徳太子の掛け軸も。
    正面の欄間には 「 見真 」 とかかれた大きな額がかかっている。
    ”見真” とは、明治期におくられた親鸞のおくりなで、
    御影堂が宗祖親鸞をおまつりしてあるところだというのがよくわかる。

    一般の人がはいれない、さらに前のほうでは、
    ひと家族が数人が僧侶の話を聞いている。
    近くにガイドらしき人がいたので、遠くからきた家族を亡くした方たちなのか、
    はたまた、念願の本廟へ来られたのかもしれない。
    しばらくして、僧侶の話がおわると”南無阿弥陀仏”ととなえはじめる。
    きっと、そのあと 「 正信偈(しょうしんげ) 」 というお勤めの偈文を詠んだのでしょう。

    さて、お東さんをあとにして、お西さんにむかう。
    境内の北側を西に行くとお西さん。
    東本願寺のお堀の大きな錦鯉を眺めながら、てくてくと西へ進む。
    錦鯉が一心不乱に大きな口をパクパクする姿は、
    人間の貪欲を象徴してるようで、あまり好きではない。
    仏教のいう三毒のひとつ、貪(どん)である、
    「寺院にはふさわしくないなぁ」 と、ぶつぶついいながら15分ほどすると、
    お西さんが見えてきた。














    ダイナミックなお東さんと比べると、瀟洒な感じがするたたずまいだ。
    門のところで、新人お坊さんの集団とすれ違う。
    先生と目される僧侶に引き連れられてぴょこぴょこと歩く姿、
    門を出るときに境内に向かってひょいっと頭を下げる姿は初々しく、
    先導する僧侶に遅れまじとする姿は、
    カルガモ親子をおもわせるユーモラスな姿で、思わず微笑んでしまった。
    しかし、葬式仏教などと揶揄され、しかも世襲制の寺の世界、
    その心中は、結構複雑なのかもしれない。

    御影堂の正面に到着。 合掌、南無阿弥陀仏。

    西本願寺は10年に及ぶ修復を終えていた。
    またまた、一番前にすわり、親鸞聖人の厨子を拝見する。
    内陣は、極楽浄土を模したのでしょう。金色の厨子に金色の柱、
    漆黒の漆の床はその金色を反射し、まさに極楽浄土のように荘厳。
    極彩色というのは、まさにこの極楽の色使いなのでしょう。
    3,000人を収容する広大な大広間をじっくり体に感じたあと、阿弥陀堂に移る。
    こちらにはひとが居なかったのでじっくりと阿弥陀如来像と対面させていただく。
    表にでると、朝日も橙色から白色に変化し、
    まぶしく阿弥陀堂の正面を照らしていた。
    門前で一礼し、境内を出ようとしたとき、
    橋の欄干の間に、小さなおばあさんが小さく縮まって座っている。
    ちょっと驚いたが、意識はしっかりとしていそうだ。
    しかし、その意識は忘却のかなたをさまよっていそう。
    ご近所の方だと思うが、なにを思ってそこにいるのか、
    自分には計り知れなかった。

    さて、京都駅に行こう。
    琵琶湖を越えて北陸に向かわねば。

    | | 16:40 | comments(4) | trackbacks(0) | |