CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    観賞した映画2009 | comments(15) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    アバター(2009)/AVATAR
    JUGEMテーマ:映画
     アバター(2009)/AVATAR
    162分/アメリカ/FOX/公開2009/12/23
    SF/アドベンチャー/アクション


    NHKのクローズアップ現代でも取り上げられてましたが、ジェームズ・キャメロン監督(ターミネーター、タイタニック)が長年開発にかかわったという3D映像システムのSF作品。26日、さっそく3D上映の分を観てきました。映画の内容はさておき、3D映像そのものの評価はというと、残念ながら想像の域をでなかったというのが率直な感想です。3D映像自体はアミューズメント施設でも普通に見られ、今はそれほど珍しいものではないので、どんな仕掛けをしてくるのかちょっと楽しみにしてたのですが、特段かわりなし。アメリカ映画界にとってみれば、撮影システムの標準化による量産で、低迷する劇場来場者数増員の起爆剤としての期待が高いのでしょうが、はたしてその期待にこたえられるのか?というのが率直な感想です。

    シネコンの一番大きいスクリーンで観たにもかかわらず、とっても画面が小さく暗く感じられます。時々メガネをはずしてみたのですが、2Dの画像をベースに考えられたスクリーンだからあたりまえかもしれませんが、断然迫力があったような気がします(画面がダブってるのではっきりとは見えなかったのですけど)。3D用のスクリーンもセットで考えないといけないでしょうし、普段メガネを掛けなれないせいか2時間半以上あの重たいメガメをつけてるのもちょっとしんどい。メガネとメガネに信号を送るシステムなどコスト回収・付加価値も含めて、2000円のチケット代なのでしょうがこれもちょっと高すぎます。
     
    3Dシステムについてはちょっと酷評になってしまいました。ストーリー自体は、ヒーローものであり最近の戦い系ファンタジーものの典型なのですが、アバターという作品自体は結構楽しめるものです。2時間42分と長い作品でしたが時間を感じず、惑星パンドラの先住民ナヴィの女性ネイティリとナヴィに潜入した元海兵隊員のジェイクの交流にきちんと時間をさき、先住民を統率してゆくまでの流れに違和感のないものになっています。アフリカ系の音楽もマッチしてたし。難をいえば、惑星の動植物キャラクターがどうしてもファイナルファンタジーのようなゲームキャラっぽく、さすが日本のゲーム文化の影響がここまで浸透してるとははすごい!とひとり感じ入ってました(笑)
     


    監督・製作・脚本: ジェームズ・キャメロン
    出演: サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)
          ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)
        シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)
        スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)
     
    日本サイト

    | 観賞した映画2009 | 22:40 | comments(15) | trackbacks(0) | |