CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    << ボルベール <帰郷> | main | 魔笛 >>
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    鑑賞した映画2007 | comments(2) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
    ○HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
    ○2007年・イギリス/アメリカ[◆◆◆◆◇◇4/6]
    ○ファンタジー/アドベンチャー・2007/07/20公開ワーナー
    ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

    賢者の石 (2001)
    秘密の部屋 (2002)
    アズカバンの囚人 (2004)
    炎のゴブレット (2005) に 続く第5作目

    ハリーは、マグル(人間)の前で魔法を使い魔法省で裁かれることに・・・裁判で証言したダンブルドア校長はヴォルデモート卿の復活を証言しハリーは処罰を免れたが、魔法大臣は、ダンブルドアが自分の地位をねらってると勘ぐり、女教師を監視役として送り込む。
    一方、ハリーは、ロンやハーマイオニーたちと“ダンブルドア軍団”を結成。シリウス・ブラックもメンバーの不死鳥の騎士団とも絡んでヴォルデモート卿との戦いに挑む。


    原作を読んでいないのでなんとも言えないのですが、ヴォルデモート卿の復活のレベルアップと共にヒーローたるポッターも大きく脱皮するための最終段階に入ったという感じでしょうか?ハリーポッターシリーズ全体の物語のなかの一節と考えれば、これもありなんだと思いますが、予備知識がなかったもので新しい登場人物を理解仕切れなかったかも。

    3部作のロード・オブ・ザ・リングやマトリックスの2作目という感じで、最終章に突入する前のストーリーと思えば納得です。

    それにしても今回は、全編を通してダークな雰囲気になってました。”クディッチの大会”、“三大魔法学校対抗試合”、いつもは何か花があるのですが、ポッターの内面的な戦いや複雑な展開があり、ハリポッターと”不死鳥の騎士団”と言う割りに、映画を観ただけでは彼らの活動がいまひとつわからなかったのは残念。ゲーリー・オールドマン(シリウス・ブラック)のファンとしては、この騎士団の活躍を期待したのですが、原作の内容を盛り込むのに苦労したのかもしれないですね。
    ロンやハーマイオニーに加え新たなメンバーも増えましたが、彼らも原作ではもっとユニークな存在なんだろうなぁと思いながら観ていました。でも、原作を読んでいる人にとってはあまり説明も要らないわけで、彼らが映像となって現れること自体が楽しみのひとつで、充分楽しめるかもです。

    これから何作目まで続くのかは分かりませんが、6部作のSF大作スター・ウォーズのようにファンタジー長編大作になる事は間違いないでしょうね。

    監督: デヴィッド・イェーツ
    原作: J・K・ローリング
    メインテーマ: ジョン・ウィリアムズ
    出演: ダニエル・ラドクリフ( ハリー・ポッター)
    ルパート・グリント (ロン・ウィーズリー)
    エマ・ワトソン (ハーマイオニー・グレンジャー)
    ゲイリー・オールドマン (シリウス・ブラック)
    アラン・リックマン (セブルス・スネイプ)
    | 鑑賞した映画2007 | 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) | |
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト
    | - | 23:21 | - | - | |
    コメント
    遅くなりましたが、TBいただいていきます^^)

    不死鳥の騎士団というよりもダンブルドア団でしたね〜〜(笑)

    上下に分かれた原作をあれだけの時間にまとめたので割愛部分は多いですよね。
    結構評判がいいのかなと思うのは、子供向けからダークファンタジーに移行してきたからですね。
    ラストに向かってどんな展開になるのか楽しみです。
    ハリーの秘密と言われますが、ちょっとわかりづらくないですか??

    | ぷちてん | 2007/07/20 8:49 PM |
    ぷちてんさん。どうも〜

    ハリーの秘密、そうなんです。実はさっぱり分かりませんでした(笑)ハリーとヴォルデモードを結ぶ秘密ってなんだったんでしょうか??
    いまだにわかっていません(汗)
    今回見て思ったのは、ロンを演じるルパート・グリント君(君といっても18歳ですが・・)が、とってもいい感じの青年になってきたっていうことです。出番こそ少なかったですが、存在感がありますね彼。ダニエル・ラドグリフ君はポッターのイメージがとっても強くなってしまったけど、ルパート・グリント君はこれから他の映画でも活躍するんじゃないかなと、ひそかに期待してるんですよ。
    | J.T. | 2007/07/20 10:54 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック