CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    << マリア | main | 愛されるために、ここにいる >>
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    DVD・TV鑑賞 | comments(5) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    レミーのおいしいレストラン
    ○レミーのおいしいレストラン/RATATOUILLE
    ○2007年/アメリカ/120min/2007/07/28公開(ブエナビスタ)
    ○コメディ/ファミリー/アドベンチャー/アニメ[◆◆◆◆◆◇]5/6
    原題は、ラタトゥイユ(RATATOUILLE)、日本語版の映画の中で、リングイニが”ラット(ネズミ)のタトゥー(いれずみ)か〜”見たいな事を言ってパニクってましたが、wikiによると、Rata-は 軍隊言葉でごった煮、Touillerは かき混ぜるだそうです。夏野菜を炒めて煮込む南仏料理で一般的な家庭料理。この家庭料理と、シェフが亡くなるまで、フランスで最も有名な五つ星レストランだった”グストー”がどう結びつくのか。
    人間の料理番組が大好きで、超高級レストランのオーナーシュエフ グストーを尊敬する、嗅覚が異常に発達したネズミ レミーが、ひょんなことからパリのそのレストランへ流れ着き、見習いのリングイニと二人三脚で料理を作り始める・・・


    ピクサーと言えば「ゲーリーじいさんのチェス(1997)」という短編を見た時に、CGでここまで人間を表現できるのかと非常に驚いた記憶があります。
    今まで製作された長編映画は、確か・・・・
    「トイストーリー(1995)」
    「バグズライフ(1998)」
    「トイストーリー2(1999)」
    「モンスターズ・インク(2001)」
    「ファインディング・ニモ(2003)」
    「Mr.インクレディブル(2004)」
    「カーズ(2006)」

    ですが、どれもストーリーは複雑ではありませんし、アメリカのステレオタイプな価値観ベースの展開で、正直言ってちょっと鼻につくところもありました。しかし、バグズライフでは昆虫からみたミクロの世界を、トリストーリーやモンスターズ・インクでは、子供部屋の中で誰もが想像を逞しくしたオモチャの世界やタンスの中の暗闇に抱く恐れを逆手にとった闇の裏の世界を、ニモでは魚の視点から見た海の世界を、Mr.インクレディブルやカーズではヒーローの挫折と復活を、ユニークな映像で見せてくれました。

    今回の「レミーのおいしいレストラン(2007)」では、モンスターでも人形でもヒーローでもないネズミと人間が主役という新たな挑戦でしたが、CGアニメとしての独特にデフォルメされたキャラクターでありながら、ネズミの動きや人間の表情などずいぶんとリアルな感じに仕上がっていたし、レミーが配水管を流れてゆく時の水の弾ける動きや、ネズミの集団移動などは圧巻でした。そしてなんと言ってもパリの街の美しいこと!
    基本的にはハートウォーミーなドラマですが、キャラクターの設定や笑いのセンスもバランスが良くて、大人も充分楽しめる作品に仕上がってると思います。
    監督: ブラッド・バード
    製作: ブラッド・ルイス
    声の出演: パットン・オズワルト レミー
    ブライアン・デネヒー ジャンゴ
    ブラッド・ギャレット グストー
    ジャニーン・ガロファロー コレット
    イアン・ホルム スキナー
    ピーター・オトゥール イーゴ
    ルー・ロマノ リングイニ
    ジョン・ラッツェンバーガー ムスタファ
    ジェームズ・レマー ラルース
    ウィル・アーネット ホルスト


    オフィシャル・サイト
    オフィシャル・サイト(英語)
    JUGEMテーマ:映画
    | DVD・TV鑑賞 | 19:50 | comments(5) | trackbacks(0) | |
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト
    | - | 19:50 | - | - | |
    コメント
    こちらにもこんばんは!
    >レミーが配水管を流れてゆく時の水の弾ける動きや、ネズミの集団移動などは圧巻でした。
    上、正に同感でございます。
    水のシーンが素晴らしいアニメだったと思います。普段アニメってあんまし...なんですが...これはスゴかったですね。堪能しました。
    DVD欲しい!なんてマイ・ブログに書いてますが、今だ買っておりません。でもレンタルして見たくなりました。
    | | 2007/12/11 12:35 AM |
    すいません!又また名前入れないで飛ばしてしまいました。ごめんなさい。
    | margot2005 | 2007/12/11 12:38 AM |
    margotさん、どうも〜
    そうそう、水のシーンは本物と見分けがつかないくらい素晴らしかったですね。
    わたしも何回か見直してみたいと思ってるんです♪特に今回は厨房の中の人たちのキャラもよかったです。ディフォルメが上手いというか、とってもユニークでわくわくしてきます。CGアニメならでは出来るテクニックをつかってどんどん新しいものを見せて欲しいですね!
    | JT | 2007/12/11 12:54 AM |
    >配水管を流れてゆく時の水の弾ける動きやネズミの集団移動...
    わ、私も、上に同じ(笑)
    美しくて、オトナでも(オトナが)充分楽しめるアニメでした。

    3Dアニメとかも観ますが、キャラはこのくらいデフォルメされてたほうが、ホっとします。

    DVDの購入、欲しい...う〜ん迷っちゃいます。
    | あん | 2007/12/12 12:21 AM |
    あんさん、こんにちはー
    そうなんですよね。
    リアルさを追求する方向へ向かってるCG映画もありますが、やはりこういった感じでディフォルメされていたほうがいいと思います。
    人間は人間がやったほうが一番ですから、近づけたところで限界がありますし・・・
    確かに、DVDの購入迷いますね(^。^;;
    | JT | 2007/12/12 6:07 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://annex-kimama.jugem.jp/trackback/412
    トラックバック