CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    << sakura | main | シッコ >>
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    鑑賞した映画2008 | comments(8) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    クローバーフィールド/HAKAISHA

    ○クローバーフィールド/HAKAISHA ○CLOVERFIELD/2008アメリカ/85min/映倫 PG-12 ○2008.04.05公開(パラマウント) ○SF/サスペンス/パニック[◆◆◆◆◆◆]6/6 久々の劇場鑑賞映画がヒット!いわゆる通常の映画の撮影手法になれている自分にとって、あくまでも手持ちカメラ1台の撮影という設定と、日常生活のある瞬間から想像を超えたパニックに襲われた人々を、徹底してミクロの視点で描ききったという作り方。これがパニックの感覚と臨場感をかもしだしていて非常によかった。 はっきり言ってマンハッタンを破壊する、いわゆる”HAKAISHA”が何かと言うことは二の次でもOK。傍観者の視点を排除し、情報などほとんどなく逃げ惑い行動をする主人公達の視点に取り付かれてしまう。登場した若手の役者達があまりメジャーじゃないのもリアリティの演出には大きく寄与していたと思う。 ミステリアスな広告の仕方、WEBでの偽情報などで話題になった作品だが、そんな広告の奇抜さに負けてない作りこみだったと思う。言わずもがな、製作のJ・J・エイブラムスはトム・クルーズの「M:i:III」やTVドラマ「LOST」や「エイリアス」で名声を確立し、現在新しい「スタートレック」を製作中の人物、監督のマット・リーヴスをはじめ、脚本・撮影など、いわゆる”エイブラムス組”の作品です。 このクローバーフィールド、続編は別の被害者を通してHAKAISHAの襲うマンハッタンを描くとの事、同じ事象を複数の人物を通して描きながら真相に迫ってゆくあたりは、彼のあのミステリアスな島のサバイバルストーリー「LOST」をもほうふつとさせる。結果よりも過程をたのしませる。しかも、映像の特長を最大限に活かしているところは心憎い。

    監督: マット・リーヴス
    製作: J・J・エイブラムス
        ブライアン・バーク
    製作総指揮: ガイ・リーデル
               シェリル・クラーク
    脚本: ドリュー・ゴダード
    撮影: マイケル・ボンヴィレイン
    プロダクションデザイン: マーティン・ホイスト
    衣装デザイン: エレン・マイロニック
    編集: ケヴィン・スティット
    出演: マイケル・スタール=デヴィッド    マイク・ヴォーゲル
         オデット・ユーストマン    リジー・キャプラン
         ジェシカ・ルーカス    T・J・ミラー
    オフィシャル・サイト
    オフィシャル・サイト
    | 鑑賞した映画2008 | 20:57 | comments(8) | trackbacks(0) | |
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト
    | - | 20:57 | - | - | |
    コメント
    こんにちは!
    ちょっとお久しぶりですね〜お邪魔させて頂きます♪
    私はブレブレ映像が苦手なので心配しましたが、気分が悪くなることもなく夢中になりました。
    『情報などほとんどなく逃げ惑い行動をする主人公達の視点』のみだったのは良かったですよね〜ある意味潔いって思いました。
    何だか続編が作られるようですが、、、下手に謎を解明されるよりもこれはこれでいいかな・・・と思います。(でも謎も気になったりして・笑)
    | 由香 | 2008/04/06 9:43 AM |
    由香さん、こんばんは。こちらこそご無沙汰です。
    私も最初は手振れ映像なので気持ち悪くならないか心配だったのですが、上手につくられてましたよね。
    突っ込みどころは色々あったんですけど、それはアメリカ人の気質だと勝手に解釈して(笑)、すっかり入り込んでしまいました。謎を解明しても底が浅そうな気もしますので、続編があるならこの映像の斬新さをさらにバージョンアップしてみせて欲しいですねー
    | JT | 2008/04/06 7:04 PM |
    こんにちわ。この作品噂では聞いてましたけどやっぱり面白かったんですね。う〜ん見逃したのでDVD待ちです・・・。ちょっと楽しみです。昔似たようなので「ブレアウィッチ・プロジェクト」がありましたね、あれも話題で見ましたが、ちょっと頂けなかった。この作品を「ブレアウッチ」と比べる方が失礼ですよね。では早速DVDレンタルサイトで予約でーす。

    今月末から東京なので日本でしか公開されていない作品を見れるのが楽しみです。JTさんのこのサイトの右側を参考にさせて頂きます!「靖国」は東京では公開されてないのかしら???でも夜観に行くと時差ボケで寝てしまいそうです・・・
    | claudiacardinale | 2008/04/06 11:31 PM |
    claudiacardinaleさん、こんばんはー
    冷静に考えると突っ込み所が沢山あるんですけど、意外とパニくった時ってこんな感じかもしれないっても思ったり。そうそう、「ブレアウィッチ・プロジェクト」ありましたねって、自分は観てないのでなんともいえないのですが(笑)

    おお!GWは東京ですか〜お帰りなさいって感じでしょうか?どこかでニアミスするかもしれませんねーなんて確率低いですが(笑)
    ところで「靖国」の公開は難しいようです。いまのところ公開を決めたシネマが、”安全上の理由”で上映中止を発表してますから。

    ところで、「ファクトリー・ガール」みました?イーディの事を描くそうですが、なんとウォーホルをガイ・ピアーズが演じてるそうです。久々のピアーズが気になります!日本では4月19日公開なんですよ。作品としてはそれほど期待はしてないのですが(汗)
    | JT | 2008/04/07 12:30 AM |
    「ファクトリーガール」残念ながら見てません!見た友人によるとウォーホール関係が好きでシエナが好きでファッションが好きだと結構楽しめるといってましたよ。JTさん、シエナは如何でしょう?好みでしょうか?(笑)

    うーん、なんとしても「靖国」が見たい。なんで公開しないんでしょうね?この前フランクフルトアジア映画祭では上映されてました。「新宿バルト9」で5月から上映と聞いたのでチェックしてきます。

    ではどこかでクローズド・エンカウンターする事楽しみにしてますね!「新宿バルト9」で怪しい女性が居たら私かも(笑)
    | claudiacardinale | 2008/04/08 4:43 PM |
    JTさん、こんばんわ。突然の飛び入りです。
    CCさん、日本にお帰りになるのですね!ご心配なく「靖国」はきっと見る事が出来るでしょう。配給元の発表では、北海道から沖縄まで、5月以降21箇所で上映予定とか。(大阪の第七芸術劇場も名乗りを上げています)ただし、事前発表は、妨害のおそれがあるため控えるとのことです。それでは予定が立たずに困りますよね。
    | Bianca | 2008/04/09 12:21 AM |
    claudiacardinaleさん、どうも〜
    シエナね、僕が大ファンでもあるマドンナに似てるところもあるかな?薬漬けになってしまいそうな雰囲気はありますねー好みかどうかは映画を観たあとで(笑)
    「靖国」僕もみたいです。ただかなり街宣車やなんやらで圧力がかかってるとは聞いてますが、このあとのBianca さんのコメントだと上映するところがあるようですね。
    オオ、GWは「新宿バルト9」で妖しい女性を探してみましょうかー、ところで、上映開始前、ひとりで通路側の席で瞑想してる妖しい男性がいたらそれが私かも(爆笑)
    | JT | 2008/04/09 12:56 AM |
    Biancaさん、どうもー
    飛び入り大歓迎です♪ところで、21箇所で上映を予定してるんですね。なるほどー、場所がわかりましたら、こっそりと教えてくださいね。体調も大分よくなってきましたので、なるべく沢山の作品を観たいとおもってるんです。それに溜まった山済みの本もどんどん消化したい!そうそう、また面白い本があったら紹介してください。結構楽しみにしてまっす。
    | JT | 2008/04/09 1:02 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://annex-kimama.jugem.jp/trackback/438
    トラックバック