CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    << あの頃ペニー・レインと | main | 彼女を見ればわかること >>
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    DVD・TV鑑賞 | comments(2) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    恋愛小説家
    ○恋愛小説家(1997アメリカ・138min)/AS GOOD AS IT GETS
    ○ドラマ/1998.4公開
    嫌われ者がみせる意外な優しさは、ジャック・ニコルソンのはまり役といってもいいかもしれませんね。精神的に病んでるとはいえ、あの我の強さはアメリカ人の気質なのでしょうか?などというとアメリカ人に叱られてしまいますが・・・

    最近、「アメリカンアイドル」というスター誕生の番組を見て感じたこと。予選では色んなレベルの人がトライするのですが、誰がみても「声は出てないし音程は外してるし、歌手は無理でしょう?」と思える人でも、審査で落とされると、「どうしてわたしの良さがわからないの?」「審査の基準がわからない」「わたしは決して歌をあきらめない!」と悪態をつく人が多い。思ったより根拠のない自信家が多いことに気がついたものですから、ちょっとアメリカ人に偏見を持ってしまって。実際はまともな人が多いと思いますけど(笑)。

    まあ、それはそれとして、人間人徳のあるひとは別として、頭のつかえが減れば減るほど我がままさが露呈してくるもの。ましてや売れっ子小説家ともなるとそのパワーは強力なはず。ニコルソン演じる恋愛小説家は、その異常なほどの我がままさと潔癖症の性格で皆に嫌われるわけですが、やはり孤独には弱い。凋落した隣に住む画家の孤独さがよくわかる。我がままな子供を上手にあつかうママのように、自分の弱さを理解してくれる女性に惹かれる。でも人付き合いではかなり不器用な彼。その彼がカフェにつとめる女性(ヘレン・ハント)と、隣人の画家(グレッグ・キニア)と接点を持ち、ぎこちないながらも心温まるココロのやり取りの妙が素敵な作品です。

    1998年公開ですから、ずいぶんと前の作品です。11年前といえば、ほぼ一回り前の年。勢いのある年齢の時にみてもよさが分からなかったかもしれません。ということは、いまはだいぶ枯れてしまったということか?いやいや、まだまだ好奇心旺盛(なんて、虚勢を張ってる?)な年頃ですが(笑)、味のある良い作品だと思えるのは、本当の孤独が良く分かる年になったということかもしれないですね。


    監督: ジェームズ・L・ブルックス
    出演: ジャック・ニコルソン
        ヘレン・ハント
       グレッグ・キニア
       キューバ・グッディング・Jr
    | DVD・TV鑑賞 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) | |
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト
    | - | 23:13 | - | - | |
    コメント
    こんばんは〜♪
    ご無沙汰しておりました。お元気ですか?

    この映画も『恋愛適齢期』もジャック・ニコルソンの味が上手く出ていますよね〜
    最近では、『最高の人生の見つけ方』も良かったなぁ〜

    私も以前と映画の見方とか受け取り方が変わってきた気がします。・・・・・言いたくないけど(笑)年のせいかしら?
    人の孤独や切なさ、優しさなんかを感じやすくて、、、オマケに超〜涙もろくなって観ています(笑)
    | 由香 | 2009/05/13 11:37 PM |
    由香さん、こんばんは。
    なんとか頑張っています!
    『最高の人生の見つけ方』はまだみてませんが、よさそうですね。それにしても、確かに年齢と共に映画の趣向が違ってくるというか、視点が大分違ってきました。そうそう、涙もろくなったのは感じます。昔は涙なんか流したことなかったんですけど、今はもう…(汗)
    | JT | 2009/05/16 11:47 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://annex-kimama.jugem.jp/trackback/465
    トラックバック