CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
 
  • tracker
    SEARCH THIS SITE
    PROFILE
    CATEGORY
    RECENT COMMENT
    Weather
    映画情報・音楽情報 LINKS
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    OTHERS
    SPONSORED LINKS
    << ハート・ロッカー | main | 泣ける映画 >>
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | |
    2010年 | comments(2) | trackbacks(0) |author : J.T. | |
    ビルマVJ
    JUGEMテーマ:映画

     

     ミャンマー軍事政権に対するレジスタンス活動と言ってしまえば簡単ですが、あの国で起こってることが映像になって目の前に迫るインパクトは衝撃的です。VJとはビデオジャーナリストのこと。閉ざされた国ミャンマーから、秘密裏に、CNN経由で映像を全世界に配信する手法は現代ならではのレジスタンス手法ですが、かなり危険な手法でもあります。現在、ミャンマーの軍事政権は、11月7日の総選挙が終わったら アウンサンスーチーさんを解放すると明言したそうですが、軍事独裁体制には変わりありません。今は、この映画の舞台になっている年代からは数年経過していますが、実態は同じようなものであることは容易に想像がつきます。2007年9月に日本人ジャーナリストの長井健司さんが射殺された映像もこのビルマVJの撮影によるもので、その生々しい映像もこの映画のハイライトとして映し出されています。

    実はこの映画を観たのはもう数カ月も前のことです。先に話したミャンマーのニュースに接して久々に記事を書きました。渋谷の某映画館で観たのですが、19時ごろの夜の回とは言え観客はわずか4名というさみしい状態でした。しかし、こういった作品に関心が集まりにくいのはしかたの無いことです。現代の日本人の感覚からすれば、体感的なリアリティをもって迫ってくるものではないので、本当の意味で共感できる映画ではないですし、特に志が高い方は別として、傍観者にならざるを得ないい無力感を抱くか、リアルな人間の醜さを目の前にしてやるせない思いに心を沈めるだけですから。じゃあ、君はなせ観に行くの?と言われれば、世界で起こっていることを受け止めるためのバランス感覚を失わないためだと答えるかもしれません。どう恰好をつけてみても傍観者であるわけですから、そんな答えしかできないんだと思います。


    映画とは関係ありませんが、たまにこちらを訪れていただく方に近況報告をしますと、ここのところ、色々とあって心の内面と向かい合う機会が多かったのですが、YOGAやさまざまなエクササイズを通して心と体のバランスが大切であることも実感しているところです。映画を見る機会が減ったのもエクササイズに時間を費やしていることに原因があるのかもしれません。それと、先日、永平寺に行ってきました。道元の「正法眼蔵」を読みこなせない自分には敷居が高いかなと思いつつも、山の斜面に建つダイナミックな伽藍に心を奪われました。併設されている寂光園の鐘もついてきましたが、いいですね鐘の響きは。

    | 2010年 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) | |
    - | - | - |author : スポンサードリンク | |
    スポンサーサイト
    | - | 00:19 | - | - | |
    コメント
    おっ、JTさん、7ヶ月ぶりに復活ですね、お待ちしていました!永平寺にいらしたとか、私も30歳の頃、門前のユースホステルに泊まって、一寸中を覗いたことがあります。休載中もなかなか有効に過ごされたようで、何をするにも心身のバランスを保つことは肝要ですよね。ビルマに関しては、興味があります。あの長瀬さんの殺害事件はショックでしたし、アウンサンスーチーさんの運命も気になります。いずれ、と言っても何年後になるか、東京に近くなったら、そういう映画も気軽に見にいけるかも。しかし、やはり若さとエネルギーが無くては見るのもしんどい映画のジャンルでしょうね。
    | Bianca | 2010/11/01 8:00 PM |
    Biancaさん、こんにちは。
    7か月振りでしたか… こんなに間隔が空いたのに記事を読んでくださってありがとうございます。ところで、永平寺に行ったときに奇妙な感覚に襲われたのですが、初めて訪ねたのに、なぜかとても懐かしいかったんですよ。不思議ですね。
    若さとエネルギー!これってとっても大きな力を生みますよね。若さはなくなりつつありますが、好奇心だけは旺盛でいたいと思っています。Biancaさんは遠くない将来東京近辺に移られるのでしょうか?感性の鋭いBiancaさんですから、またまた別の一面を見られそうで楽しみです。
    記事に書いたように色々なことをしていますので、ここのところ平均睡眠時間3〜4時間ぐらいの日々を過ごしていますが、今の自分にはこれぐらいがちょうど良いようです。
    | JT | 2010/11/03 10:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://annex-kimama.jugem.jp/trackback/477
    トラックバック